ホーム > お知らせ > 

お知らせ

平成29年度の買取価格(委員長案)についてお知らせします。

昨日、経済産業省の有識者会議である価格算定委員会にて、平成29年度の調達価格及び調達期間についての委員長案が発表されました。

【平成29年度の調達価格及び調達期間についての委員長案 】

10kW未満  余剰買取      28円/kWh(抑制対象地域 30円/kWh) : 買取期間10年

10kW以上  余剰・全量買取   21円/kWh : 買取期間20年

29年度買取単価1.jpg

例年は、翌年度の単価のみの発表でしたが、10kW未満の住宅用太陽光発電については、平成29年~31年度までの、今後3年間の予定が明示されました。

今後3年間にわたり、段階的に2円ずつ引き下げていくとのことです【平成29年度:30円/kWh、平成30年度:28円/kWh、平成31年度:26円/kWh、10年間10kW未満の太陽光発電、出力制御太陽機器設置義務あり)】。

弊社は、北陸三県を営業エリアとしておりますので、「出力制御対応機器設置義務あり」の北陸電力管内となります。

従いまして、平成29年度の買取価格は30円/kWh(10KW未満の太陽光発電、出力制御太陽機器設置義務あり)となります。


29年度買取単価2.jpg

10KW以上の太陽光発電については、翌年のみ【平成29年度:21円/kWh20年間(10kW以上の太陽光発電)】の発表となっています。

太陽光をご検討の方は、ご参考になさって頂きたいと存じます。